最強のパワースポットはどこか?

このブログでその答えの一端がわかる

 

【群馬/四万温泉 やまぐち館】圧巻の露天風呂のある老舗旅館(露天風呂付き客室泊)

f:id:kenboo7:20180505175426j:plain

最強の温泉旅館はどこか?

 

パワースポッターないし温泉大好きケンボーです。

 

群馬県の四万温泉に初めて行ってきました。そこで選んだのがこれから書く「四万温泉 やまぐち館」というところなのですが、おすすめできる旅館だったので記事にすることとしました。

部屋はやっぱりビンボーなのに無理をして露天風呂付き客室です、なんかもうマニアです。

 

 

 

四万温泉 やまぐち館について

○アクセス

群馬県中之条町四万3876−1

 

○チェックイン/チェックアウト

 14:30/11:00

 

○コスパ ☆☆☆★★

露天風呂付の客室で23000/1人。シーズンによって多少増減するんでしょうけど妥当ではないでしょうか。一般客室なら当然安く宿泊できます。

 

○部屋 ☆☆☆☆★

今回泊まった部屋は後に改装しているので当たり前ではあるけれど、綺麗でセンスも新しめで文句のつけようがありません。

他の部屋はどうか?たぶん値段相応な広さや設備は確保されてるはずです。老舗の旅館だけど全然古い感じを出してないんですよねー。

 

一つ残念なのが客室露天風呂からの景観。

露天風呂付き客室の3部屋中2部屋が半露天です。それで今回その半露天部屋だったのですが、目の前には林が見えるくらいですかね、川沿いにありますが川はベランダまで顔を出さないと見れないです。

ただ部屋で源泉掛け流しの温泉に入り放題なのは良かったですね。

 

 

○接客 ☆☆☆☆★

近すぎず遠すぎずで好感がもてます。こちらの会話をいいタイミングで拾ってきたり、話を下手に伸ばすこともない。

そしてなにより緩いというか穏やかな雰囲気がいい。ぶっきらぼうなのは論外ですが、セカセカしてたり忙しそうにしてる人を見るのも嫌なので。

 

○お風呂 ☆☆☆☆★

まず泉質は文句無しに良い。四万温泉てクセのあるイメージもってましたが透明無臭で万人受けする温泉なのですね。

そして美肌の湯なんだとか。どおりでケンボーは肌が弱いのですが特に荒れることもなくむしろ調子良かったです。

ちなみにハゲてるんですけど頭浸してたらテカテカになったよ。まあ幾多の温泉を訪れたことにより、だいたいこのテカリ具合で美肌の湯かどうかはわかるようになったね。生えてくるといいなー、てなんのこっちゃ

 

更には露天風呂の景観が良し。目の前が滝と川で遮るもの無し!これはかなり良い景観ではないでしょうか。壁で仕切られて空しか見えないお風呂がよくありますがあれは萎えます。

 

また内装もいい雰囲気というか味があります。いろんな旅館行きましたがここの露天はレベル高い。

 

一つ難点を言えば洗い場が少ないこと。

5〜8席?くらいしかなくこの規模では少ないのでは?

なんで4、だけど限りなく5に近いです。

 

○食事 ☆☆☆☆★

 安いプランはわかりませんが、今回の高いプランにおいては外れがありませんでした。

旅館の食事って何種類もの料理が出てくるでないですか。その中にはこれ無理!なのってあるものなんですよね。。。たべますけど。

ここはどれも無理なく食べれました、特にメインとなる料理はうまい。山の県なのに海鮮のレベル高いです。牛肉ももちろん高得点。

ただ素材が最高だったのですが一部創作料理に??な点があり星4つ。庶民に上品な味はよくわかりません。

 

 

○その他設備 ☆☆☆☆☆

老舗のようですが改装したのか綺麗(に見える)。内装も凝っていていい味だしてます、彼女や子供が喜ぶこと間違い無し。文句ありません。。。どこか不備箇所なんてあったかな??

 

では以下に詳細と最後に総評をまとめます。

 

四万温泉地について

まず四万温泉地について思ったことを書きます。

 

ここは歩いて観光できる場所はないと思ったほうがいいです。

ウォーキングやジョギング好きな人なら散歩がてらいろいろ見て回れそうだけど。

ともかく観光スポットが温泉街から遠い。。。半径5キロ、直径で十数キロはイメージしたほうがいいんでないかと。

 

そして、温泉街が寂れまくってます。

 ていや、悪く言うつもりはありませんが。

写真だとこんな感じ

 f:id:kenboo7:20171226082234j:image

温泉街中心の落合通りというところの金曜夕方すぎの風景です。奥にあるスマートボールのお店だけ虚しく営業してます。。ちなみに四万温泉はエリアが広く、やまぐち館からはここまで歩いて15分以上かかるだろか。

f:id:kenboo7:20180505171828j:image

一応、道沿いに灯篭を灯して雰囲気は出してるんですけど。

 

翌日の昼にはお土産屋とか蕎麦屋が営業してたので、温泉街を散策するならチェックアウトしてからでもよさげ。夜は本当に閑散としてました。

見方を変えれば静かなところなのでお忍び的に泊まりにくるにはいいところではないですかね。

 

以上から、純粋に温泉を楽しみに行くところだと思います。

 f:id:kenboo7:20180505171546j:image

ちなみにこちらの旅館『積善館』はジブリ映画のモデルになったとかなんとかで名所になってるようです。なるほど味があります。

この映画のモデルって結構全国にあるようですが。。

 

では今回泊まったやまぐち館についてです。

外観

 f:id:kenboo7:20180505152940j:image

老舗感、風情を出している入り口。

この日は車で行きました。車は鍵を預けて移動してもらうシステムです。

f:id:kenboo7:20180505164151j:image

外観。このあたりでは比較的大きめの旅館ではないでしょうか?

 

共用部

f:id:kenboo7:20180505162641j:image

この旅館は各エリアを◯◯通り、◯◯丁目と言って昭和の下町をイメージしてるようです。古いってこと?と思いますが実際はいい感じに今風のレトロ感を出してます。

f:id:kenboo7:20180505153716j:image

こちらはロビー。

f:id:kenboo7:20180505163128j:image

メインの通路。奥では夜のイベント広場がありました。

f:id:kenboo7:20180505153611j:plain
f:id:kenboo7:20180505153549j:plain

お土産処と喫茶店。

f:id:kenboo7:20180505153856j:image

こちらは食事処に続く通路。うーむ、内装にこだわりがあります。

 

f:id:kenboo7:20180505153951j:plain
f:id:kenboo7:20180505161529j:plain

 

そして客室の階には洒落たラウンジがありました。四万川を眺めることができます。なんかもう館内を散策するのが楽しい。

部屋(露天風呂付客室)

f:id:kenboo7:20180505161830j:image

 そうして部屋に案内してもらいました。

f:id:kenboo7:20180505135305j:image

窓は全面に張られていて開放感あります。

f:id:kenboo7:20180505140528j:image

ベランダ。

f:id:kenboo7:20180505135815j:image

部屋の全体。奥のベットはふっかふっか。

f:id:kenboo7:20180505135945j:image

廊下を挟んで洗面と半露天風呂。

f:id:kenboo7:20180505140205j:image

うーむ。透き通った無臭な温泉です。万人受けしそうな泉質、たまりません。

f:id:kenboo7:20180505140435j:plain
f:id:kenboo7:20180505140814j:plain

 

トイレと洗面はピっカピカで新しく、アメニティも充実してました。文句無しです。

f:id:kenboo7:20180505161942j:plain
f:id:kenboo7:20180505162014j:plain

裁縫セット、そして高い部屋だからとは思うけど冷蔵庫の中は無料でした、やったね!

部屋に限らず、結構細かいところのサービスが行き届いてました。

 

というわけで早速客室の風呂に入ります。以前別の旅館で勢いよく入って失敗したのでゆっくり入ります、この俺に油断はない。行くぞ!

f:id:kenboo7:20180505141335j:image

ふううぅぅあっっっちいぃぃぃぃーーぃぃぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいよお、いいよお、いいよいいよたまらんよお!!!!

 

四万温泉、めちゃくちゃ熱い(だがそれがいい)。そしてやわらかいというかトロみがあります。美肌の湯最高。しばらく顔面を湯船に浸してました。

食事

 食事は半個室でいただきました。部屋によっては大広間での食事になりそうです。

f:id:kenboo7:20180505142838j:image

f:id:kenboo7:20180505142903j:plain
f:id:kenboo7:20180505142944j:plain

写真は多すぎてもあれなんで夜のメインと朝食だけ。

いい歳こいて好き嫌いが激しく文句ばっかり言ってる連れも美味しいと言ってたんで味は間違いないと思います。確かに、美味い。。。山の旅館なのに刺身が美味しいのは驚きました。

食後のイベント

 この旅館では夜に大女将が紙芝居をやったり和太鼓の演舞をしたりなイベントを催してます。

f:id:kenboo7:20180505174446j:image

多くの宿泊者が見学にきてました。

 

それでまずは紙芝居を見せてもらったんですけど。

今の時代、逆に新鮮で楽しかったです。これは子供はもちろん大人でもいいのではないか?

 

で、本当ならばその後に和太鼓が披露されるみたいなのですが。この日はやらず、

 

 

代わりに大女将、突然トークを交えつつカラオケを始める。

 

。。。ケンボーはしばしポカーンとなりましたが周りはリピーターが多いのか歌を聴いて話を聞いて笑ったりしてます。

。。。。部外者のケンボーにはちょっとこのツボがわかんねえ。。。年代の差もあるのか。。?

と多少???なところもありましたが他の旅館にはないものを見れて楽しかったです。

大浴場

そうしてだらだら過ごしつつ部屋では散々風呂に入りまくり元をとったところで。大浴場に向かいます。

内風呂ー薬師の湯ー

f:id:kenboo7:20180505145029j:image 

まずは内風呂から。しかしこの旅館は内装が凝ってますねえ、この風呂までの通路がまた風情がある。

f:id:kenboo7:20180505145233j:plain
f:id:kenboo7:20180505145450j:plain

そうして中へ。広々としてて20人くらいなら入れそうです。照明の明るさもちょうどいいな。露店が売りの旅館ですがこの内風呂も気にいりました。

 

露天風呂ーお題目 大露店風呂ー

f:id:kenboo7:20180505151317j:image

そしてこの旅館で売りの大露天風呂へ。

時間帯によって男女交代制の2種の露天風呂です。

ざっくり言えばだだっ広い方(お題目 大露店風呂)といくつかに仕切られた露天風呂(四万川の湯)ですが、どっちも最高で両方入るべきです。男の場合、夜から朝にかけてだだっ広い方の露天風呂になります。

f:id:kenboo7:20180505151441j:image

脱衣所。よし、誰もいないな。。。しかし本当照明も凝ってるねえ、シックな感じを出してる。ではスッポンポンで風呂に失礼します、当たり前です。

f:id:kenboo7:20180505151720j:image

露天ですが内湯もありました。

f:id:kenboo7:20180505151819j:image

なんだこれはあぁぁぁぁ!。。。ひ、広い。

30人は余裕、詰めれば50人はいけるんでないでしょうか?さらに!

f:id:kenboo7:20180505151948j:image

このまま降りていけるんじゃないかって程の目の前には四万川が流れています。こ、これは素晴らしい。。。!静寂の中、川の流れる音だけが聞こえました。

f:id:kenboo7:20180505152208j:image

朝になると景色が露わに。とても良かったのでめんどくさがりな自分でも3回は入ったでしょうか。

控えめに言っても最高の露天風呂でした。

 

まとめ

うーむ。実に温泉三昧の宿泊で堪能しました。

以下が個人的な総評です。

 

総評 ☆☆☆☆★

 

大浴場は文句無し。たとえ安いプランでいろいろ不満足な点があったとしてもこのお風呂に入れるのはかなりポイント高いです。

今回のプランで欲を言えば他と同様に部屋も良かったですが半露天でなければなお良かったなあ。。。でも最高の温泉でした、四万温泉初めてきたけど泉質良くて純粋にお風呂入りたいならとてもいいところです。

 

細かくいいところ、悪いところ挙げ出したらきりがありませんが総じて満足。この温泉地には老舗の旅館が他にも数件ありますが、ここは選んで間違いないんじゃないですかね。

周りに何もないから夜のイベントもいい取り組みだと思います。その時間は大浴場に人がいなくなるのでゆっくり入れますしね。大女将のカラオケはよくわかりませんでしたが。

客層はリピーターが多いようでしたが納得です。

 

 

という感じで帰りは車で近場の観光地を周ってきたのでした。

周辺の観光情報はこちら

 

四万温泉周辺の観光スポット(たびノート)

 

 

 

それではっ

<ここから上へ戻る>